qrcode.png
http://www.satonoyuki.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!
 

 

美味しいとうふのはなし

             
   
大豆のはなし
 
さとの雪の「美味しいとうふ」で使われる大豆は、静岡工場で使用されている九州産の「フクユタカ」と徳島工場で使用されている「とよまさり」の2種類です。「フクユタカ」は凝固性が高いため、適度な弾力の豆腐を作るのに適している上、旨味を多く含むので昔ながらの豊かな味わいを楽しむことができます。一方の「とよまさり」はほのかな甘さを持った大豆で、どこか女性的なやさしい風味のとうふができあがります。海外から多くの食材を輸入している現代の日本。しかし、日本人の食卓に欠かせない豆腐だからこそ、そのもととなる大豆には国産にこだわりたい・・・。そんな願いを込めた私達のとうふ作りは、原料を吟味するところから始まっているのです。
   
水のはなし
 
蛇口をひねればどこでも水が飲める現代社会に暮らすことで、「たかが水」と考えるようになった人もいるかもしれません。しかし、大豆とにがり、水、塩だけを使い、ごまかしなく、素材の味をストレートに表現する「美味しいとうふ」にとって、水選びは大豆選びと同じくらい大切な要素です。「満足のいく豆腐を作りたい」とどれだけ他の素材にこだわっても、水が悪ければすべてが台無しになってしまうからです。「美味しいとうふ」では富士山系や四国山系からくみ上げた水を使用。日本の風土がゆっくりと時間をかけて磨き上げてきた、すっきりとクセのない水は、大豆の風味をいっそう引き立ててくれます。
   
鮮度のはなし
 
保存料を使用していない「美味しいとうふ」にかぎらず、豆腐の鮮度は意外なほど早く損なわれていきます。もちろん食べ物であるからには、できたての状態がおいしいのは当然の条件ですが、全国に出荷されたとうふが食卓に上る瞬間までその美味しさを保ったままにすることは、そう簡単ではありません。だからさとの雪は東日本に出荷する静岡 御殿場食品工場と、西日本に出荷する徳島 阿南食品工場の2箇所で「美味しいとうふ」を生産しています。少しでも輸送に掛かる時間を減らして、できるだけおいしい状態で召し上がっていただきたい。私達のそんな想いは、「美味しいとうふ」を口に入れた瞬間にきっと伝わるはずです。
   
濃さのはなし
 
「美味しいとうふ」は、化学的な凝固剤に頼りません。より効率良く生産することを目的としている豆腐の多くは、各種副原材料が混ざった凝固剤によって豆乳を凝固させています。それに比べて、「美味しいとうふ」が使っているのは昔ながらの“にがり”。生産性の面でもコストの面でも決して効率的とは言えない作り方かもしれませんが、豆腐本来の味を楽しんでいただくためには譲ることができないこだわりです。また、「美味しいとうふ」は凝固させる前の豆乳の濃さにも特長があります。トロリとした豆乳の濃さはそのまま豆腐の味わいの深さへとつながり、懐かしい豆腐の味を日本の食卓に蘇らせます。
   
製法のはなし
 
優れた生産設備は、食べ物への安心感と安全性を高めてくれます。大豆が持つ栄養分を壊さないよう豆乳を均一かつ瞬時に加熱する技術、清潔にパッケージングする機械など、「美味しいとうふ」はさとの雪がこれまで長い年月で培ってきたとうふ作りのノウハウを集結した設備で生産されています。普段直接顔を見ることのできないお客様を相手にしているからこそ、その見えない顔が「美味しいとうふ」を食べて笑顔になる場面を想像すると言う楽しみを感じながら、一丁一丁心をこめて作り上げていきます、だからどうぞ、安心して「美味しいとうふ」をお召し上がり下さい。
   
食べ方のはなし
 
豆腐の美味しさを楽しむために、あなたならどんな食べ方を選びますか?豆腐のあっさりとした風味は、他の食材を引き立てる脇役としてもよく使われますが、それ以外に豆腐が主役になる料理も数多くあります。特に薬味と醤油でいただく冷奴などは、豆腐の美味しさをストレートに楽しめる食べ方です、しかし私たちが「美味しいとうふ」でまず試していただきたいのは“何もつけずにそのまま”です。私達が情熱を傾ける素材や製法、鮮度などへのこだわりは、いくらこの場で説明するよりも、たった一口“何もつけずにそのまま”食べるほうが雄弁に語ってくれるでしょう。それは私達の自信の表れでもあります。
 
 
   
 
美味しいとうふCM
 ~白と黒篇~
 
竹中有紀子さん出演の
美味しいとうふ新CMです。
オンラインショップ

今月のおすすめメニュー

おすすめコラム
 
 
キャンペーン

【応募締切】
2017年10月31日(火)23:59まで
 
 
 
 
 
 
さとの雪食品株式会社
〒772-0035
徳島県鳴門市大津町矢倉字六の越
63番地
TEL.088-686-6882
FAX.088-685-3620

────────────────
・豆腐をはじめとする大豆加工商品の製造、販売
────────────────